« 地域の防災の対策 | トップページ

2015年4月28日 (火)

原子力の防災の対策


過去に災害が頻発していて、今後も災害に襲われる可能性が高い場所に原発を建設するわけにはいかないので、防災の対策の観点で安全な立地が選ばれます。
また日本が地震大国であることを考慮して、多少の地震でも問題なく稼働できる耐震性を備えています。
東日本大震災は当初、その地震の規模の大きさと津波がもたらした被害が注目され、地震防災の対策の新たな局面を開きました。
地震自体の被害も広範だったものの、発電所のもたらした被害もかなり広範に及ぶため、原発の安全と防犯対策が今一度争点になっています。
日本の発電は原子力に大いに依存しているので、十分な防災の対策がなされているはずだと一般の人は感じがちです。
この事故は、汚染された食料を輸出できなくなるなど、日本の経済面に大きな打撃を与えていくので、事前の防災の対策の重要性は強調しても強調しすぎることはありません。
多くの食品が汚染されて食べられなくなれば、市民にも多大な影響が及ぶため、確かにこれは防災の対策を見直さなければならない課題だと言えます。

防災の対策は個人でも、必要な知識を取り入れていくことですることができます。
明日は我が身なので、正しい防災の対策についてウェブで情報を集めておきましょう。
原発の事故としてチェルノブイリが有名ですが、東日本大震災に伴う原発事故もそれを上回る歴史に残る出来事となりました。

« 地域の防災の対策 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/59803440

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力の防災の対策:

« 地域の防災の対策 | トップページ