« 初節句をお祝いする時のマナー | トップページ | 男の子の初節句 »

2015年2月28日 (土)

初節句で飾る兜


どうしても初節句の兜が必要なら、ネット通販などで売られている、1万円程度の兜で十分でしょう。
最低でも初節句の兜は、5万円くらいはするので、実際、購入するとなると、かなり経済的に圧迫します。
つまり、初節句の兜は、子供のために、両親が購入することが多くなっていて、それだけ経済的に大変になっています。

初節句の兜は、実際、その必要性が問題で、よく考えてから、購入した方がいいかもしれません。
兜に込められた思いを感じることなく、ただ単に子供が無いとかわいそうという程度の気持ちなら、初節句の兜は必要ないでしょう。

初節句の兜は、最近では安くて見た目がそれなりに良いものもあるので、できるだけ安く済ませるのが賢明です。
ただ、友達が遊びに来る3歳ぐらいからは、兜が無いとちょっと寂しいので、初節句の後に兜を購入するという手もあります。
昔は、初節句の兜というと、大体、両方の親に買ってもらうというのが普通だったのですが、今ではそうした慣習はなくなりつつあります。
つまり、初節句の兜を飾る際、子供にひとつひとつの意味を教え、選んだ当時の成長を願う気持ちをしっかり伝えることです。
男子の災いを守り、無事な成長を願うには、初節句の兜は、お祝いとしてピッタリなのですが、高いので必ずしも必要ではないのです。

« 初節句をお祝いする時のマナー | トップページ | 男の子の初節句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/59087796

この記事へのトラックバック一覧です: 初節句で飾る兜:

« 初節句をお祝いする時のマナー | トップページ | 男の子の初節句 »