« 髪の傷みケアの口コミ情報 | トップページ | 髪の傷みと美容院 »

2015年1月19日 (月)

髪の傷みの対策法


しかも、我々日本人の髪は解くに紫外線を吸収しやすい性質を持っていると言われています。
海水には塩分が、プールの水には塩素が含まれていますので、アウトドアを楽しんだ後は、必ず丁寧に髪を洗って、綺麗に乾かし、髪の傷みを予防するように心がけましょうね。
茶色の髪が髪の傷みだと思うか思わないかは人それぞれですが、とにかく、紫外線が髪にとって強敵なのは確かですね。
キューティクルの整った髪は実に美しいものですが、実はこのキューティクル、シスチン結合という構造によって守られているんですね。
髪の傷みの原因は様々とは言え、強い紫外線が髪を傷めるのは間違いありません。
例えば、シャンプーはよく泡立ててから毛先まで洗い、タオルで拭き取る時は髪を擦らないように、布地に上手に水分を吸収させましょう、みたいな感じでね。
夏本番になる頃には、髪の傷みも本番に突入しているかもです。
ほら、よく梅雨時になると、髪がうまくまとまらなくて困る事があるじゃないですか。
ああした爆発ヘア現象も、髪の傷みの症状の一つなのかも知れませんよ。
今日はエステサロンで美肌ケア、明日はヘアサロンで髪の傷みケア。髪の傷み対策と特には感じなくても、紫外線対策をしっかりと施す事は、大切な対策です。
さあ、いよいよ夏本番、髪の傷みでクリスマスパーティーに行かなくてもいいよう、燦々と日差しを浴びたら、さっさと髪のお手入れに勤しみましょう。
となると、自宅で出来る髪の傷み対策が必要になって来ますよね。
これは、髪の傷みの改善だけではなく、予防策としても最良。

« 髪の傷みケアの口コミ情報 | トップページ | 髪の傷みと美容院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58638262

この記事へのトラックバック一覧です: 髪の傷みの対策法:

« 髪の傷みケアの口コミ情報 | トップページ | 髪の傷みと美容院 »