« 経験者の幼児の英語教育体験談 | トップページ | 停電の対策とは »

2014年12月21日 (日)

幼児の英語教育の理想と現実

幼児の英語教育の理想と現実に悩むママは少なくありません。
英語が話せるようになって欲しいと幼児の英語教育教室に通わせているのに、子どもが英語を話せるようにならないからです。
あくまで、英語に親しみを持てたという程度の幼児の英語教育でした。
英語に対する抵抗感が幼児の英語教育教室によって少なくなれば、大人になってから急に英語が必要になったとき、違和感なく勉強することができるでしょう。
英語に対する抵抗感を失くすために、幼児の英語教育教室へ通うのです。
親が協力し、毎日英語で子どもと会話をすれば、幼児の英語教育で子どもが英語をペラペラに話せるようになるかもしれません。
子どもは幼稚園の幼児の英語教育で、英語を使った数の数え方や、様々な英単語を覚えてきました。

幼児の英語教育を我が家の子どもは幼稚園のときに受けました。
我が家の子どもが通っていた幼稚園では、幼児の英語教育のほか、体操教室やリトミック、絵画教室も子どもに受けさせていました。
その幼稚園は「お勉強系」の幼稚園ではなく、「遊べ遊べ系」の幼稚園だったのですが、それでも様々なことを子どもに教えてくれていて、幼児の英語教育もその1つでした。

幼児の英語教育を受けたからといって、英語がペラペラ話せるようになったわけではありません。

« 経験者の幼児の英語教育体験談 | トップページ | 停電の対策とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58334141

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の英語教育の理想と現実:

« 経験者の幼児の英語教育体験談 | トップページ | 停電の対策とは »