« 京セラのソーラーパネル | トップページ | 幼児の英語教育は日常生活が重要 »

2014年12月12日 (金)

幼児の英語教育とは

幼児の英語教育とは、その名の通り、幼児という幼い時期から始める英語教育のことです。
そして私も一緒になって教育テレビの幼児の英語教育を観たことがありますが、英語の歌を歌ったり、簡単な英会話をしたりと、内容が大変充実していました。
これからの時代は英語を話せることが大切なので、幼児の英語教育を行って英語が話せる大人に育てようとする母親がいます。
教育テレビでは幼児の英語教育の番組を放送していて、我が家の子どもたちも楽しく観ていました。
現在、小学校では英語の授業が行われるようになり、幼児の英語教育のように、学校で子どものうちから英語を教えるようになりました。

幼児の英語教育のように、小学校の英語の授業は数の数え方や簡単な英単語から始まります。
そして日本の文化を英語で紹介することができたり、自分の将来の夢を英語で語れるようになるところまでに達するので、幼児の英語教育は大変重要になるでしょう。
幼児の英語教育には様々な方法があります。
今は成長したので幼児の英語教育の番組を観ることはなくなりましたが、あの当時はよほど面白かったのか、欠かさず観ていました。
楽天やユニクロといった大企業が社内の公用語を英語にすると発表して以来、英語が話せないと大人になって困るのではないかと、幼児の英語教育を受けさせるのです。

« 京セラのソーラーパネル | トップページ | 幼児の英語教育は日常生活が重要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58247399

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の英語教育とは:

« 京セラのソーラーパネル | トップページ | 幼児の英語教育は日常生活が重要 »