« 幼児の英語教育の理想と現実 | トップページ

2014年12月22日 (月)

停電の対策とは


一般的な消火器、防火バケツ、火災報知器なんていうものは停電の対策としてはすでに当たり前とされてきています。
懐中電灯、ランタン、ローソク、充電器、電池、ガスコンロなどは停電の対策の基本です。
鉄道に関しても同様のことがいえる状態で、いつ乗れなかったり、あるいは地震が起きて電車の中で止まったりするかもわかりません。
簡易トイレから非常食も、停電の対策として持っておけば、いざというときに安心です。
東京電力内では大規模停電を避けるために色々と手を打たれていますが、それでも停電の対策は必要になってきます。
実際に火事や地震などの災害が起こった場合を想定した準備や停電の対策をしておきたいものです。
あらかじめ常備しておいて、停電の対策に備えていきましょう。
関東にも大きな被害を及ぼすことになった地震で色々な災害が起きており、停電の対策は常に必要とされています。
また、防災アイテムのみならず、停電の対策グッズについても、お手軽なものから本格的なアイテムまで種類があります。
停電の対策とは、避難はしごやヘルメット、防塵グッズでもモノになります。
日常の防災対策としては、消火器や耐震マットも停電の対策になります。
大きな建物になると、火災対策から、耐震マット、地震警報器といった地震対策を含めた停電の対策がなされています。

« 幼児の英語教育の理想と現実 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58344003

この記事へのトラックバック一覧です: 停電の対策とは:

« 幼児の英語教育の理想と現実 | トップページ