« 幼児の英語教育の弊害 | トップページ | 幼児の英語教育でオススメの教室 »

2014年12月17日 (水)

幼児の英語教育の開始年齢


無理に英語を習得させようと幼児の英語教育へ行かせても、嫌な思い出ばかりが残ってしまうかもしれません。
また、日本語の習得が遅れるからと、幼児の英語教育は避け、中学生ぐらいになってから英語塾に通わせるママもいます。
英語の学習は早いうちに始めると良いと聞くので、赤ちゃんの時期から幼児の英語教育に通わせるママもいます。
逆に幼児の英語教育教室が楽しく、英語の日が待ち遠しい子どももいるでしょう。

幼児の英語教育は英語を話せるようになるというよりも、英語に対する抵抗感を失くすための教室と考えて良いでしょう。
覚えたての頃は、幼児の英語教育で習った英語で、よく数を数えていました。

幼児の英語教育で、幼稚園では動物の名前を英語で教えていました。
英語に興味もないのに幼児の英語教育教室へ無理に行かせても、子どもが可哀想なだけです。
我が家の子どもは幼稚園の幼児の英語教育で、英語を使った数の数え方を教わりました。
幼児の英語教育にしても小学校の英語の授業にしても、英語が話せるというよりは、英語に親しむことに重点を置いているからかもしれません。

« 幼児の英語教育の弊害 | トップページ | 幼児の英語教育でオススメの教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58295652

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の英語教育の開始年齢:

« 幼児の英語教育の弊害 | トップページ | 幼児の英語教育でオススメの教室 »