« 熱帯魚の停電の対策 | トップページ | 地震の停電の対策 »

2014年12月30日 (火)

瞬間停電の対策


停電の前にお湯を沸かして入れておけば、暖房代わりにもなり、立派な停電の対策にもなります。
東北で地震が発生してから、停電の対策というものは必要不可欠なものになってきました。
いつ何がおきてもおかしくないのが自然災害ですから、停電の対策というものを整えておきたいところです。停電の対策と何が違うかというと、発生状況が異なるみたいです。
計画停電が行なわれる場合には事前にネットから情報を拾い停電の対策をしたりしなくてはなりません。
工場などで停電の対策せずに発生してしまう最も大きな被害は時間のロスだといわれています。停電の対策をしているお宅も多いと思いますが、瞬間停電をご存知でしたでしょうか。
食品の横に置くことで冷気を保つことができるみたいですし、停電の対策以外にも使えそうな方法です。

停電の対策にはコンデンサや蓄電池を使った装置が勧められています。
ただ闇雲に停電の対策をするのではなく、まずどんな被害があって何に悩まされているのかをきちんと整理することが大切です。
仮に停電になったりした場合、具体的には、エアコンなど暖房器具が使えないということが考えられますのでそのために停電の対策をしましょう。

« 熱帯魚の停電の対策 | トップページ | 地震の停電の対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58423448

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間停電の対策:

« 熱帯魚の停電の対策 | トップページ | 地震の停電の対策 »