« 幼児の英語教育の方法のメリットとデメリット | トップページ | 幼児の英語教育の弊害 »

2014年12月15日 (月)

幼児の英語教育の資格


学習塾も資格がなくても開けますから、幼児の英語教育も同様と考えて良いでしょう。
幼児の英語教育教室は、子どもが選ぶのではなく、親が選ぶものです。
東進こども英語塾で幼児の英語教育の先生になろうと考えた場合、TOEICテストのスコアは750点以上あることが望ましいとされています。
親は無資格の先生が開いている幼児の英語教育教室よりも、資格のある先生のいる教室を選ぶ場合が多いでしょう。
幼児の英語教育は現在、親から大変な注目を集めています。

幼児の英語教育の先生は、英語が話せれば良いというわけではありません。
また、幼児の英語教育の先生になろうと考えた場合、英語に関する資格だけでなく、基本的なパソコンスキルが必要になるでしょう。幼児の英語教育は資格がなくても、教室を開くことができます。
幼児の英語教育教室を開くにあたり、TOEICテストのスコアは700点以上あると良いでしょう。
750点以上というのは英会話のレベルが相当高くなければ取得できませんから、幼児の英語教育の先生になろうと考えたら英語の勉強をしなければならないでしょう。
ですから幼児の英語教育の先生になろうと考えたら、幼児英語講師について学べる学校へ通学することも検討すると良いでしょう。

« 幼児の英語教育の方法のメリットとデメリット | トップページ | 幼児の英語教育の弊害 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58275580

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の英語教育の資格:

« 幼児の英語教育の方法のメリットとデメリット | トップページ | 幼児の英語教育の弊害 »