« 防災の対策とは | トップページ | 防災の対策マニュアルの内容 »

2014年11月23日 (日)

防災の対策グッズの種類


水や保存食の準備は当然のこととして、夜間も屋外にいることを想定して保温シートや寝袋を防災の対策グッズに含めておけます。
だいたいはライフラインの復旧までに3日ほど辛抱すれば良いと言われていますが、途中経過を知るために、防災の対策用のラジオを準備しておけば情報を知ることができます。
中でも困るのがトイレだという被災を経験した人の感想もあるので、簡易トイレを一つ準備しておくと困りません。

防災の対策としてどんなものを緊急時のために準備しておけばいいのだろうかと考えられることでしょう。
大津波がすぐにやってきたので、その場で改めて防災の対策をたてて準備をする時間などありませんでした。
このように選択の幅が広いということは、消費者の防災の対策意識が全般に高いことのあらわれだと言えます。
さらに、中の食品なども防災の対策専用の食品ということで、3年や5年は放っておいても保存がきくように作られています。
自分であれこれと集めるよりも、市販の防災の対策グッズを買うのが最も良いでしょう。
防災の対策グッズは事前に準備しておけば、そのような緊急時にもすぐに持ち出して逃げることができます。
前者は低価格帯の防災の対策グッズを、後者は高価格帯のグッズを買えば、お望みの品を手に入れることができます。

« 防災の対策とは | トップページ | 防災の対策マニュアルの内容 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58067410

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の対策グッズの種類:

« 防災の対策とは | トップページ | 防災の対策マニュアルの内容 »