« 地域の防災の対策 | トップページ | 原子力の防災の対策 »

2014年11月30日 (日)

企業の防災の対策


各企業の防災の対策の取り組みなどは、ネット上の情報を参考にできます。
一例として、阪神淡路大震災の時に、震災直後に多くの人が近隣住民の手によってがれきの下から救い出されました。
こういった大規模な災害の際には、通常の防災の対策では間に合わない場合があります。
企業は多くの人員を抱えているので、個人レベルと比べてより周到な防災の対策が必要になります。
これには企業内に緊急災害物資の備えができていなければ携われない分野なので、その企業全体として、必要物資の準備をしておく必要があります。
これには定常的な防災の対策の一環として、災害時の避難訓練や、緊急時の連絡網の確立などが含まれます。
防災の対策で重要なのは、何よりも従業員や顧客の人命の確保です。
多くの企業がすでに防災の対策をたてていますが、大災害が発生した時に国の災害対策の妥当性が問われる昨今、企業としても常に見直しをしなければなりません。
企業経営者でなくとも、企業の防災の対策の取り組みを知っておけば、いざという時に防災活動に意義ある仕方で携われることでしょう。防災の対策をより多くの人が意識することによって、より多くの人命が災害時に救われます。

« 地域の防災の対策 | トップページ | 原子力の防災の対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58134002

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の防災の対策:

« 地域の防災の対策 | トップページ | 原子力の防災の対策 »