« 防災の対策グッズの種類 | トップページ | 地震の防災の対策 »

2014年11月24日 (月)

防災の対策マニュアルの内容


簡単な例を挙げると、学校では定期的に避難訓練を行いますが、あれも防災の対策マニュアルに沿った防災訓練の一環です。
ですが学校を卒業すれば、日中は仕事場や公共施設などさまざまな場所にいるので、それぞれの局面での防災の対策の正しい方法を知っておかなければなりません。
防災の対策の屋外用のマニュアルは、屋内のものと比べ、状況に応じて多岐にわたっています。
地震や津波、洪水、台風などの天災の直接被害を抑えるとともに、二次被害に巻き込まれないように防災の対策を指南したものが一般的です。

防災の対策のマニュアルは、それぞれの災害別に分類されるほか、主に屋内にいる場合と、屋外にいる場合を想定したものとに分類されます。
これら防災の対策マニュアルは、天災に見舞われた際に取るべき理想的な行動をまとめたものです。
他にもあわてて飛び出して二次被害に遭わないようにすることや、家具によってけがをしないようにあらかじめ防災の対策を施しておくことなども普通記されています。
一日の三分の一は就寝しているので、その時間に災害に遭う可能性も高く、大概の防災の対策マニュアルには寝室に用意しておくべき防災グッズの一覧も載せられています。

防災の対策として、ホテルに泊まると、避難経路図と非常口を確認する習慣がある人がいますが、こういう人こそ意識がある人と言えます。
その時必要な災害情報を適時知ることができるからです。

« 防災の対策グッズの種類 | トップページ | 地震の防災の対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/58076481

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の対策マニュアルの内容:

« 防災の対策グッズの種類 | トップページ | 地震の防災の対策 »