« 元素記号の暗記の方法 | トップページ | リフォームの減税制度の確定申告方法 »

2014年9月 1日 (月)

リフォームの減税制度とは


そして、省エネ改修工事については、光熱費の節約にも有効なので、リフォームの減税制度を大いに利用しましょう。
所得額の特別控除、固定資産税の減額が受けられる制度がリフォームの減税制度なのです。
例えば、耐震改修以外はローン利用に限られていたり、自己資金に対応していなかったりで、新制度のリフォームの減税制度とは一線を画するのでした。
新しいリフォームの減税制度においては、このように省エネとバリアフリーの改修工事が追加されています。
こうしたリフォームの減税制度のような税制はこれまでにもあるにはあったのですが、その適用の幅が限られていました。
リフォームの減税制度が適用される工事としては、太陽光発電装置の設置、壁の断熱工事、天井や床の断熱工事などが挙げられます。
居住用でも、断熱効果を上げる省エネ改修、そして住居内の段差をなくすバリアフリー改修を実施した場合でも、工事費用の一部がリフォームの減税制度の対象になるのです。
日本においては、老後や介護に必須の住宅のバリアフリー化がまだまだ遅れた状態です。リフォームの減税制度というのは、2009年4月最初から施行された税制です。
ただしリフォームの減税制度としての対象は、2009年4月から2010年末の間に居住を開始した場合に限られます。

« 元素記号の暗記の方法 | トップページ | リフォームの減税制度の確定申告方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57250990

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度とは:

« 元素記号の暗記の方法 | トップページ | リフォームの減税制度の確定申告方法 »