« リフォームの減税制度と自己資金 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »

2014年9月 4日 (木)

リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム


バリアフリー改修工事は単独でもリフォームの減税制度が適用されることがありますが、耐震改修の安全のための改修の工事に対して適用されることが多いようです。
そして何より、50歳以上の高齢者を対象として設定されていることに特徴があります。
有効にリフォームの減税制度を利用していくことが、賢いリフォーム対策になります。
障害者と認定された場合は、リフォームの減税制度が適用されるばかりか、医療費の補助なども受けることが可能なので、専門家に相談してみましょう。
こうした工事にも、地方自治体によっては、リフォームの減税制度が適用されるリフォーム工事と適用されない工事があります。
住まいの耐震改修の一環としても、バリアフリーのためのリフォームは効果的です。
バリアフリーの改修工事に適用されるリフォームの減税制度には、規約が設けられています。

リフォームの減税制度には、改修費用が30万円を超える大規模な工事が要求されるようになっています。
手摺の取付けや床段差の解消、滑り防止のための床材の変更、引き戸の扉の取替え、屋外スロープ設置、車椅子昇降機の設置などが、リフォームの減税制度に適用されます。リフォームの減税制度は、バリアフリーでリフォームする場合でも、地方自治体により、有効に適用されています。

« リフォームの減税制度と自己資金 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57278693

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム:

« リフォームの減税制度と自己資金 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »