« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度と高齢者 »

2014年9月 5日 (金)

リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム


所得税の控除は、一定のバリアフリー改修工事をした場合、確定申告をすれば、最高20万円が所得税額から控除されることになっています。リフォームの減税制度は、バリアフリーでリフォームする場合でも、地方自治体により、有効に適用されています。
さらに、便器改修や手洗器改修、給水栓取替えや廊下の拡幅なども、リフォームの減税制度の対象工事になり、階段の勾配の緩和などもあり、多種多様となっています。
こうした工事にも、地方自治体によっては、リフォームの減税制度が適用されるリフォーム工事と適用されない工事があります。
リフォームの減税制度を有効に利用して、バリアフリー改修工事に役立てていきましょう。
バリアフリー改修工事は単独でもリフォームの減税制度が適用されることがありますが、耐震改修の安全のための改修の工事に対して適用されることが多いようです。
有効にリフォームの減税制度を利用していくことが、賢いリフォーム対策になります。

リフォームの減税制度には、改修費用が30万円を超える大規模な工事が要求されるようになっています。
そして何より、50歳以上の高齢者を対象として設定されていることに特徴があります。
手摺の取付けや床段差の解消、滑り防止のための床材の変更、引き戸の扉の取替え、屋外スロープ設置、車椅子昇降機の設置などが、リフォームの減税制度に適用されます。

« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度と高齢者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57288129

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム:

« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度と高齢者 »