« リフォームの減税制度とは | トップページ | リフォームの減税制度と自己資金 »

2014年9月 2日 (火)

リフォームの減税制度の確定申告方法


一定金額のリフォームローンを借りた人については、リフォームの減税制度の確定申告を忘れないようにしなければなりません。
そして、リフォームの減税制度の税額控除の金額を明記して、還付申告することになります。
確定申告に用意すべき書類としては、借入金残高証明書、住民票、不動産登記簿謄本、売買契約書の購入金額証明書類、住宅借入金等特別控除額の計算明細書があります。
リフォームの減税制度の確定申告には、用意するべき書類があるので、備えておきましょう。
そしてリフォームの減税制度は、耐震改修時期も延長されていて、耐震、バリアフリー、省エネのそれぞれのリフォーム工事にかかった費用が算定されます。
こうした減税措置がリフォームの減税制度で構築されているので、リフォームを検討している人は、一度、詳しく調べてみるといいでしょう。
自宅のリフォームをした場合にも、減税制度が適用されるのがリフォームの減税制度です。

リフォームの減税制度については、各業者にて相談も承っているところがあるので、積極的に利用しましょう。
おふろやトイレ、玄関などのバリアフリーリフォームは、リフォームの減税制度によって得になる場合があり、確定申告で所得税が還付されます。
さらに平成21年度からは、一定のリフォーム工事に限り、ローン以外の自己資金でもリフォームの減税制度で所得税の還付を受けることができる投資型減税も導入されました。

« リフォームの減税制度とは | トップページ | リフォームの減税制度と自己資金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57260103

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度の確定申告方法:

« リフォームの減税制度とは | トップページ | リフォームの減税制度と自己資金 »