« リフォームの減税制度と高齢者 | トップページ | リフォームの減税制度と追加経済対策 »

2014年9月 7日 (日)

リフォームの減税制度で省エネリフォーム


これは、地球温暖化防止策として、CO2排出を抑制する目的で構築された減税措置です。
リフォームの減税制度は、従来の住宅ローン減税との選択制になっているので注意が必要で、ローン総額と省エネ工事部分の割合で、税額が変化してきます。
そして、リフォームの減税制度省エネでは、太陽光発電装置を設置することで、その控除率が100万円上乗せされるのも大きなポイントです。
そして、最高控除額が60万円で光熱費削減を期待することができます。
所得税の減税は、既存の住宅ローン減税と省エネリフォームの減税制度を比較選択することになります。
省エネ基準以上の性能があるものに改修しなければならないので、窓は複層ガラスもしくは二重サッシにしなければリフォームの減税制度は適用されません。
住宅ローンを組んでリフォームすると、リフォームの減税制度によって一定割合の金額が所得税から控除されます。

リフォームの減税制度の省エネには、必要な条件があり、窓を全面改修することが最低条件になっているのが大きな特徴と言えます。
省エネ改修を含むリフォーム工事をした時は、平成20年4月から平成22年3月末までの間にした工事に限り、翌年度の固定資産税額が3分1になります。
リフォームの減税制度省エネを有効に利用することで、大幅な節税が期待できます。

« リフォームの減税制度と高齢者 | トップページ | リフォームの減税制度と追加経済対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57306664

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度で省エネリフォーム:

« リフォームの減税制度と高齢者 | トップページ | リフォームの減税制度と追加経済対策 »