« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で省エネリフォーム »

2014年9月 6日 (土)

リフォームの減税制度と高齢者


固定資産税では、住宅の120平方メートルの部分を対象に、半額にリフォームの減税制度されます。
高齢化になると、身体機能が低下し、住み慣れた家でも不満がでてきて、段差でつまずいて転倒することなどがあり、それは家庭内事故につながる深刻な問題に発展します。
リフォームで耐震性を強化する際には、所得税、固定資産税を減税することが可能です。
リフォームすることによって、リフォームの減税制度の対象になる場合がありから有益です。

リフォームの減税制度に際して減税を実際に申し出る場合、書類提出の要件があります。
もっともリフォームの減税制度は、工事費用に制限があり、30万円以上の場合だけです。
高齢者や障害者が家族にいる場合、バリアフリーの住宅にすることが必要になります。
リフォームの減税制度は、実用的な性格のあるリフォームの場合に対象になります。

リフォームの減税制度で、所得税の場合、工事に要した費用のうち、1割が所得税から差し引かれるようになっています。
そうした時に、リフォームの減税制度は、高齢者や要介護、要支援認定者、そして障害者本人、もしくは、同居人が自ら居住するバリアフリー改修工事にて、使える制度です。
リフォームの減税制度については、基本的に実用的な部分のリフォームが条件になります。

« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で省エネリフォーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57297397

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度と高齢者:

« リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で省エネリフォーム »