« リフォームの減税制度の確定申告方法 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »

2014年9月 3日 (水)

リフォームの減税制度と自己資金


住まいが長期間使用できるよう、住まいの性能や機能向上を目的として、リフォームの減税制度が提案されたのです。
一方、ローンを利用してリフォームする場合のリフォームの減税制度をローン型減税と呼んでいます。
住まいを長持ちさせようとする人に対する住宅税制の優遇措置がリフォームの減税制度です。リフォームの減税制度は、リフォームを実施した人に対する1つの優遇制度と言えます。
最近の住宅では普通に採用されている断熱性も、以前は断熱材を使用してないところが少なく、冷暖房の効率が悪くて、光熱費がかさむという現象が露呈していました。
省エネ改修においては、窓の二重サッシ化や、天井や壁、床に断熱材を入れたり、太陽光発電など地球環境保護効果のあるリフォームがリフォームの減税制度の対象です。
省エネやバリアフリーのためのリフォームであっても、自己資金、ローンを問わず、これまでと違って一定のリフォームの減税制度が受けられるのです。
そうした背景も手伝って、新しいリフォームの減税制度が構築されたところもあるのです。
要するに、高齢になっても安心して暮らすことができるフォームがリフォームの減税制度の対象になります。
そして、廊下や浴室の床を滑りにくくしたり、車いすの使用も可能にするため出入り口やトイレを改善することでリフォームの減税制度が受けられるようになっています。

« リフォームの減税制度の確定申告方法 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57269383

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度と自己資金:

« リフォームの減税制度の確定申告方法 | トップページ | リフォームの減税制度を利用してバリアフリーリフォーム »