« リフォームの減税制度と追加経済対策 | トップページ | リフォームの減税制度の手続き方法 »

2014年9月 9日 (火)

リフォームの減税制度で耐震リフォーム


世間をにぎわした耐震偽装問題により、住宅の耐震性が社会問題になったことから、耐震リフォームの減税制度が適用されるようになったのです。リフォームの減税制度は、耐震リフォームについても、もちろん適用されています。
その理由は、昭和56年に耐震基準が強化されることで、耐震基準が施行されたからです。
サラリーマン増税が叫ばれる世の中、所得税と固定資産税が減税されるメリフォームの減税制度は、大きなチャンスと言えるかもしれません。
耐震リフォームの減税制度は、耐震偽装が社会問題化するなかで創設された制度になります。
リフォームの減税制度耐震での対象条件は、昭和56年以前に建てた住宅のリフォームです。
リフォームの減税制度の適用期限は、平成26年12月31日までとなっています。
減税期間は先延ばしにすると減ることから、早く耐震リフォームすれば、それだけリフォームの減税制度のメリットが大きくなります。

リフォームの減税制度に伴いこうしたデータは、国が明らかにしたもので、日本に建っている住宅数の1/4は耐震性が不十分とされています。
そうした効果を考慮すると、リフォームの減税制度は早めにすることで、その耐震リフォームの減税の恩恵が大きくなります。

リフォームの減税制度耐震では、対象となる住宅の条件が厳格に定められています。

« リフォームの減税制度と追加経済対策 | トップページ | リフォームの減税制度の手続き方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57325473

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度で耐震リフォーム:

« リフォームの減税制度と追加経済対策 | トップページ | リフォームの減税制度の手続き方法 »