« リフォームの減税制度で耐震リフォーム | トップページ | 都立高校の受験とは »

2014年9月10日 (水)

リフォームの減税制度の手続き方法

リフォームの減税制度は、住宅の性能や機能を上げることで、将来、長く使って行くためのリフォーム工事に対して、減税の適用が受けられる制度です。

リフォームの減税制度は、一定のバリアフリー、省エネ改修工事により、住宅ローンでする場合は、ローン型減税になります。
従来は、ローンを組んで人のみにリフォームの減税制度が適用されていましたが、自己資金による場合でも適用されるようになりました。
省エネリフォームの減税制度では、全ての居室の窓の改修、床、天井、壁の断熱工事、太陽光発電等の工事をしたリフォームが対象になります。
そして年末のローン残高での所得税減税がリフォームの減税制度にはあります。
また、リフォームの減税制度を受けるには住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書や家屋の登記事項証明書なども必要になります。
要するに、所得税の還付が受けられる投資型減税が導入されるようになったのです。
そして、住宅借入金等特別控除額の計算明細書、住民票の写しなども必要です。
手続きでの不安を感じた時は、税務署や税理士、勤務先の税務担当者によく相談することです。
手続きとしてリフォームの減税制度に必要なものは、確定申告に必要な書類、増改築等工事証明書が必要になります。

« リフォームの減税制度で耐震リフォーム | トップページ | 都立高校の受験とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57334898

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度の手続き方法:

« リフォームの減税制度で耐震リフォーム | トップページ | 都立高校の受験とは »