« リフォームの減税制度で省エネリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で耐震リフォーム »

2014年9月 8日 (月)

リフォームの減税制度と追加経済対策


今後は、経済対策として、リフォームの減税制度の更なる改善が望まれるところです。
住宅ローン減税は、住宅ローンを借りた人に対して、所得税からローン残高に控除率をかけた金額を控除する制度を指します。
追加経済対策には、住宅リフォームの減税制度の秘策が最大限に盛り込まれています。
そして、新たなリフォームの減税制度では、自己資金のリフォームによっても、その対象となるようになりました。
これは低迷する住宅市場の活性化にむけたもので、リフォームの減税制度は、住宅ローン減税の拡充化を狙ったものです。

リフォームの減税制度は、高齢者が住みやすいように、改築した際に一定額を所得税から控除する仕組みになっています。
追加経済対策の最大の目玉が、地方活性化を実現するためのリフォームの減税制度なのです。
リフォームの減税制度は、ローン減税の最大控除額の160万円から過去最大の500万円超の減税を目的としたものです。
追加経済対策により、リフォームの減税制度で景気対策を図ろうという政府の意図は読み取れます。リフォームの減税制度は、追加経済対策の目玉として、登場した1つの大きな施策です。

« リフォームの減税制度で省エネリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で耐震リフォーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57316287

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの減税制度と追加経済対策:

« リフォームの減税制度で省エネリフォーム | トップページ | リフォームの減税制度で耐震リフォーム »