« 歴史の暗記の方法 | トップページ | 都道府県の暗記の方法 »

2014年8月27日 (水)

法律の暗記の方法


何より、一つの漠然とした文字データとする暗記の方法では、応用問題に手こずるでしょう。
これは繰り返し読むことで膨大な記憶に定着させるという、誰もが手軽に出来る基本的な暗記の方法ですね。
実は暗記には人によって向き不向きがあり、全く同じ暗記の方法を同じ時間かけて実践しても、結果に差が出る事はしばしばです。

暗記の方法を、単なる一時的な記憶の蓄積に留めておいてはいけません。
まずは、自分に合った暗記の方法を探す必要があるのかもしれませんね。
社会人でも主婦でも、暗記が求められる場面はその辺に転がっています。
法律関係の資格を目指している時点で一定以上の頭脳はあると思うのですが、やはり効率的な暗記の方法は気になるところです。暗記の方法は、学生とは切っても切れない縁があるでしょう。
そうした時、学生時代に利用した暗記の方法を応用させて対応出来ると便利だと思いませんか。
上述した法律関係の仕事の場合、効率的な暗記の方法でホイホイ覚えていっても合格後に全て記憶から抜け落ちてしまっては何も意味がありません。
何となく自分なりの暗記の方法を持ってはいるものの、それが本当に効率的な方法なのか、他にもっと効率的な方法があるのではないかと不安な方も多いでしょう。
また、学生と言っても高校や大学受験ではなく、その先の勉強においても暗記の方法は重宝されます。

« 歴史の暗記の方法 | トップページ | 都道府県の暗記の方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/57203878

この記事へのトラックバック一覧です: 法律の暗記の方法:

« 歴史の暗記の方法 | トップページ | 都道府県の暗記の方法 »