« 髪の傷みの対策法 | トップページ | 髪の傷みに有効なシャンプー »

2014年7月 5日 (土)

髪の傷みの改善方法


取り敢えず、そのたんぱく質が不足しないように食生活を整える事も、髪の傷みを予防したり、改善したりする手段うちではないかと思って、最近気を付けています。

髪の傷みを切らずに改善する方法はないだろうかと、あれこれブログやサイトをあさっていたところ、ちょっと面白い情報を見付けました。
普通、人間の髪は途中で切れるなんていう事はなく、抜く時には痛いと感じるものですよね。
傷んだ髪を全部切るとすれば、それは髪型を変える事にも鳴りかねません。
ただねぇ、髪には皮膚のような自己再生能力が備わっていないので、髪の傷みの改善は、並大抵の事ではないんですよね。
これは美容的観点からではなく、医学的観点から髪の健康を考える事になるんでしょうけどね。
例え、今の私のように、毛先だけが枝毛状態になっている髪の傷みであたとしても、その部分をカットして整えようと思うと、髪の長さが大きく変わってしまいます。
治せるものなら治したい、これは誰もが思い、それなりの努力をしようともするものです。
髪の傷みが改善出来るという事で特許を取ったらしきトリートメント、ただし、かなりエクスペンシブですけどね。
とにかく髪も体と同じように、しっかりと日々の健康管理をし、内面から改善して行く必要があるのではないでしょうか。
まだ当分は、髪の傷みの改善を目指してパソコンの前で頑張る日が続きそうですね。
ぱさついたり、ごわごわして中々まとまりませんから、益々見た目が悪くなってしまいます。
おまけに、専門のヘアサロンへ行ってケアしてもらわないといけないみたいだし、月に2万位かかるような事が書かれていました。
という事で、あっさり却下、改めて、何とか自力でこの枝毛集団を治そうと決めた瞬間でした。

« 髪の傷みの対策法 | トップページ | 髪の傷みに有効なシャンプー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1803106/56699948

この記事へのトラックバック一覧です: 髪の傷みの改善方法:

« 髪の傷みの対策法 | トップページ | 髪の傷みに有効なシャンプー »