« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

iPS細胞と倫理観


そうしたことから、iPS細胞は、医学の広い領域で、応用されることが期待されているわけです。
つまり、iPS細胞と異なるES細胞は、人間の尊厳に抵触するのではないかという倫理上の問題が危惧されているわけです。
つまり、iPS細胞を利用することによって、生命を誕生させることが可能になるというわけです。
これからiPS細胞を推進していくには、生命倫理専門調査会などの倫理的問題を検討しなければなりません。
問題となるのは、自分が知らないうちに皮膚を採取され、iPS細胞によって、自分と同じ遺伝子を持つクローンが誕生させられることです。
倫理的問題や拒絶反応のない細胞移植療法の実現が期待されているのがiPS細胞ですが、本当に倫理的問題が克服されたとは言い切れません。

iPS細胞を語る場合、クローンES細胞の倫理的問題と比較しながら、倫理的問題を解消していく必要があります。
将来的にiPS細胞を活用していくにあたっては、社会が何らかの倫理基準を作り上げていかなればなりません。iPS細胞と言えば、2012年、山中伸弥教授が発明したこで、大きな話題になり、神経や心臓などの色んな細胞に変化できる能力があります。
技術面でも、iPS細胞の場合、分子細胞生物学の基本的な技術を有する人なら、だれでも作ることができます。

2013年1月29日 (火)

iPS細胞の応用方法


iPS細胞を応用した世界でも初めての臨床応用例で、山中伸弥教授がマウスを使ってこの細胞を作り上げてから、たった6年目の快挙でした。

iPS細胞を応用した夢の治療法は、拒絶反応がゼロの手術で、今後は実用化が期待されています。
このiPS細胞を応用した技術は、歯科医院などで抜いた親知らずを集めて、細胞の種類を増やすというものです。
iPS細胞の移植手術を行ったのは、特別チームで、メンバーは、再生医療の研究を専門にしていました。
このiPS細胞の実験においては、女児から抜いた親知らずの歯の細胞に、数種の遺伝子を組み入れました。
沢山の種類のiPS細胞を保管するための細胞バンクができれば、より多くの応用研究が進んでいくことでしょう。
提供者の体を傷めずにiPS細胞が入手できるというのは非常に大きいことで、これは大きな進歩と言えます。
様々な種類の細胞に変身できる能力が、実際、iPS細胞には確認されているので、その応用方法は多種多彩です。
これにより、拒絶反応のないiPS細胞を応用した再生医療というものが、実現できるのです。
iPS細胞は、治療への応用はもちろんですが、創薬に向けての人工多能性幹細胞を使える環境作りにも注目が集まっています。

2013年1月28日 (月)

iPS細胞での再生医療


だだ、厳しすぎる法整備が確立されてしまうと、iPS細胞の再生医療技術は、立ち遅れてしまうことになるでしょう。
宗教観念の希薄な日本では、こうしたiPS細胞の問題点はあまり揶揄されていませんが、世界の国々では、神への冒涜と非難する声も多くあります。
iPS細胞の再生医療に関する問題を解決するには、早急な法整備が不可欠で、確実な解決策が求められています。
医療の進展のため、完全な人を模倣することは中々、許されないので、iPS細胞の再生医療の問題は多くの課題を残しています。
つまり、再生医療に関するiPS細胞の開発は、未だに解決の糸口が見ないままの状態であるということです。
人の初期胚を摘むことにより、ジレンマに陥る懸念も回避できることから、iPS細胞を利用することで、倫理的問題も解消できます。
しかし、こうしたiPS細胞の手法は、生命の本質への挑戦状ということにもつながっていきます。iPS細胞は、人の普遍的な体細胞から樹立できることから、ES細胞よりも大きく進化しています。
社会の求める倫理観は想像以上に厚いので、iPS細胞で再生医療を目指す場合、そうした倫理的な問題の摩擦を解消する必要があります。
理論上、全ての生体器官に分化できるのがiPS細胞なので、まさにこれは、再生医療にはもってこいと言えます。

2013年1月27日 (日)

iPS細胞のデメリット


つまり、未分化な細胞が残りやすくなり、結果、残存した未分化細胞がiPS細胞移植の際に紛れ込むことになります。
しかし、レトロウイルスやレンチウイルスをiPS細胞のベクターとして使用すると、ウイルスが細胞の染色体のDNAにランダムに組み込まれる危惧があります。
こうしたデメリットを回避するには、使用するiPS細胞を厳格に評価する必要があります。iPS細胞は、山中伸弥教授らが2006年に発表したことで、世界中から大きな注目を集めます。
つまり、iPS細胞開発のために使用する遺伝子が、細胞内で活性化し、がんが引き起こされる危険性が指摘されたわけです。

iPS細胞は、今では様々な作製方法が報告されていて、作製方法により、増殖や分化する能力が違います。
この対策としては、iPS細胞の作製時に、レトロウイルスやレンチウイルスをベクターして使用する方法があります。
また、iPS細胞はガン化した異常な細胞ができるデメリットが指摘されていて、人に使うのにはまだまだ時間がかかります。
そうしたことが元となり、iPS細胞を使用することで、奇形腫を形成してしまう危険が出てくるのです。
そうしたiPS細胞のリスクを減らすことが、この細胞のデメリットを打破することにつながります。

2013年1月26日 (土)

iPS細胞のメリット

iPS細胞の研究は、受精の瞬間を人の誕生と捉えているイタリア人でさえも推進しています。
日本でもES細胞研究は、厳しく制限されていて、iPS細胞と違ってかなり敬遠されている状況です。
ES細胞は、作成するのに難点があることから、アメリカでも研究に連邦予算をつけることを避けています。
患者本人の細胞から作成することができるiPS細胞は、拒絶反応の心配がないという大きなメリットがあります。iPS細胞は、大きな話題になっていて、あちこちでニュースに取り上げられていますが、どのようなメリットがあるのでしょう。
そんな中、iPS細胞は、そうした障壁を乗り越えることができるメリットを有しているのです。
iPS細胞を上手く利用すれば、クローン技術を使う必要がなくなるので、大きな期待がかかっています。

iPS細胞の研究は盛んで、世界初のクローン羊を誕生させたイギリスの大学でも、その研究に着手しています。
既に分化した体細胞から作れるのがiPS細胞のメリットで、患者本人の細胞から作ることができます。
患者本人の遺伝情報を持つES細胞を作る必要があるのに比べ、iPS細胞は、最初からその点をクリアしています。

2013年1月25日 (金)

iPS細胞の実用化


体のあらゆる細胞を作り出せるのがiPS細胞なので、病気の治療などに多いに役立てることができます。iPS細胞は、早期の実用化が期待されていますが、そのメインは、創薬と再生医療に分かれます。
一方、再生医療におけるiPS細胞が実用化されると、必要な細胞にして移植することができるようになります。
しかし、iPS細胞の実用化に向けては、臍帯血の提供者から同意を取り直す、再同意が必要になってきます。
これを備蓄してiPS細胞の再生医療に生かしたいとする説を述べていて、実用化のためには、細胞ストックが最大の目標と指摘しています。
臍帯血はiPS細胞の実用化に向けて、まさに理想的な材料で、そのためには備蓄が必須なのです。
最近ではこうしたiPS細胞に関するセンセーショナルな話題が相次いでいるので、期待感だけが膨らんでいる状況です。

iPS細胞を実用化するには、臍帯血が必須ですが、備蓄することに対する具体的な指針がまだ定められていません。
第三者から体細胞の提供を受け、iPS細胞を作製するには、備蓄、保管という体制づくりがとても大事になるのです。
iPS細胞を利用すれば、同性の間でも子供を作ることができると言われていますが、実用化はまだ夢の段階です。

2013年1月24日 (木)

iPS細胞と網膜再生

iPS細胞は、網膜の再生治療の目標を掲げていることで、医学界から注目を浴びています。

iPS細胞の研究は、人工網膜を超えたという意気込みがあり、10年後にはできれば患者に文字を読ませたいと述べています。
iPS細胞は、網膜の治療開発に余念がなく、視細胞移植、網膜再生薬、検査法開発などによって、その進展を図っています。
実際、iPS細胞が試験段階まで進んでいる人工網膜を追い越すのというのは、至難の業であることに違いはありません。
そして、そこからRPEシートを作製し、移植する技術をもiPS細胞は既に開発していて、実用化に向けて邁進しています。
現代の難治性網膜疾患を治療可能にするため、iPS細胞は、大きな期待がかけられています。
皮膚などの体細胞に、いくつかの遺伝子を導入することで、iPS細胞は、色々な組織や臓器の細胞に分化することができます。
網膜の再生ができればすぐによく見えるようになると思いがちですが、iPS細胞というのは、それほど簡単なものではありません。
10年後には是非、目標を達成してもらって、iPS細胞で、多くの網膜の患者が救われることを期待したいものです。
しかしながら、網膜再生のiPS細胞の研究はまだ始まったばかりで、網膜再生は、今はまだ視細胞ができた段階にすぎません。

2013年1月23日 (水)

iPS細胞を開発した研究所


一般的に、iPS細胞研究所は、サイラと略されていて、これは京都大学が擁する中の研究所の一つになります。
iPS細胞研究所の研究部門には、初期化機構研究部門、増殖分化機構研究部門、臨床応用研究部門、基盤技術部門などが設けられています。
そうした功績を称え、文部科学省は、今後10年間、iPS細胞研究所に対して、研究費を助成する方針を打ち出しました。
再生医療の実現に貢献することを理念として、iPS細胞研究所は開設されていて、ここでは、非正規雇用の職員と大学院生が働いています。
最終的には、iPS細胞研究所では、細胞移植方法の開発を目指していて、日々の精進に余念がありません。
2010年4月に正式に設立したiPS細胞研究所は、人工多能性幹細胞に関する基礎研究と応用研究を実施しています。
そうすることで、iPS細胞研究所は、研究者同士で自由な議論ができるように工夫をしています。
そして、規制当局への対応や広報活動もiPS細胞研究所の業務の一環として取り行っています。

iPS細胞研究所は、地上5階、地下1階の建物になっていて、各研究室間には仕切りがありません。
iPS細胞研究所は、世界最高水準の研究拠点として機能していますが、一方で、若手研究者の育成にも努めています。

2013年1月22日 (火)

iPS細胞の問題点


もちろん、iPS細胞は人工的に作った細胞なのですが、病気の内臓の代わりになるので、これは凄いことです。
細胞の増殖を制御できるのかという問題点がiPS細胞にはあり、これをまずクリアしなければなりません。
そうすることで、iPS細胞により、その目的とする細胞に生まれ変わらせることができるというわけです。
皮膚や血から採取した細胞に、細胞の設計図の役目を果たすiPS細胞を投入すると、色々な細胞に変身できるのです。iPS細胞は、最近、ノーベル賞を受賞したことから、大きな話題になっていて、医学的に大きな期待がかかっています。
また、癌化を防げるのかという大きな問題点がiPS細胞にはあり、この部分を解消しなければ前には進めません。
何がiPS細胞は凄いのかというと、心臓など体の様々な部分に変身させることができるという点です。
ただ、iPS細胞を作り出すには、癌を誘導する遺伝子を組み込む必要があることから、色々な問題点が指摘されています。
iPS細胞の研究の際、浮かびあがった問題点は、卵子には人権がないのか、あるいはクローンを作ってもよいのかということです。
また、iPS細胞は先端技術であるので、研究にそれ相応の予算が必要になるという問題点も抱えています。

2013年1月21日 (月)

iPS細胞とは


実際、iPS細胞は再生医療への応用が期待されていて、人工多能性幹細胞とも言われています。
2006年、山中伸弥教授が、マウスの皮膚の細胞から胚体外組織を除く万能細胞を開発したことで、iPS細胞が誕生しました。
難病患者からiPS細胞を作ることができれば、その発症となっている原因や治療に生かせる可能性があります。
自分の体細胞から臓器などを作ることができるのがiPS細胞なので、拒絶反応を回避することができます。

iPS細胞は、非常に画期的な研究であると称賛されていますが、その理由は、体細胞に特定の遺伝子を導入できるからです。
つまり、iPS細胞を利用すれば、これまでのES細胞の持つ倫理的問題を解決できるということで期待されているわけです。
しかし、一方でiPS細胞は、ガン化した細胞を生み出す危険性が懸念されていて、ウイルスによる新しい感染症の発生も危惧されています。iPS細胞とは、万能細胞の一種で、ES細胞と同じように増殖するという特徴があり、各種の細胞へと分化していきます。
つまり、そうすることで、iPS細胞へと変化させることができるということに、大きな意義があるのです。
よくiPS細胞と比較されるのがES細胞ですが、ES細胞が胎盤などには分化できない欠点を補うものです。

2013年1月20日 (日)

かゆいしもやけの原因


つまりかゆいしもやけは、体がいつも温かい状態で、血液が盛んに体の末端にまで行きとどいているのであれば起こりにくいとも考えられますね。
またかゆいしもやけの方は血行を良くしてくれるビタミンEを飲むようにすると、かなり効果が出てくるそうです。
かゆいしもやけができている部分というのは、皮膚に直接、冷たい空気がふれて、その部分の血管が開いたまま麻痺して、血液が固まってしまっているのだそうです。

かゆいしもやけができてしまっても、赤黒く悪化する前に引き留めて、なんとか軽い症状で押さえておきたいものですね。
かゆいしもやけの原因がうっ血して、血液の流れがストップしてしまっている状態なのですから、それを解消してあげればいいのではないでしょうか。
ですから原因がわかっているのですから、普段から血流を良くするようにして、体や肌を冷やさないように心掛けておくのも、行っておきたいのがかゆいしもやけです。
原因がわかってくると予防も簡単に行えるようになってきますから、かゆいしもやけになりやすい方は冷たい空気を避けるようにしたらいいのかもしれません。
かゆいしもやけの原因は冷えと血行不良になのですから、なりやすい方は秋から冬がやってくる前から体質改善を試みるのもいいかもしれません。
原因がわかっているのであれば、いくらでもかゆいしもやけの予防対策を行って、できないようにすることも可能なのではないでしょうか。
まずは原因がかなりはっきりとしているのですから、きちんと予防対策をとっておけばかなり防ぐことができるのがかゆいしもやけです。

2013年1月19日 (土)

かゆいしもやけと顔湿疹


ですからかゆいしもやけができていながら、顔湿疹が出ている場合には、両方を調べていただいたほうがおすすめです。
同時にできている場合、皮膚科はそれぞれ別の処方薬を用意してくださいますから、薬もわかりやすいようにしておきたいのがかゆいしもやけです。
かゆいしもやけは顔全体でも、できるとするならば鼻先の部分だけのようです。
秋から冬にかけて出来てしまった場合、顔湿疹は、顔にかゆいしもやけができたと勘違いされやすいようなのです。
症状がかゆいしもやけと顔湿疹は似ていますし、見た目も似ていることが多いので、勘違いが起こりやすいのです。
ですから顔にかゆいしもやけに似たものができた場合は、素人判断せずに、皮膚科で診察を受けたほうが顔湿疹とわかって処置もはっきりします。
顔、特にほおなどにはできることはなく、むしろ顔にかゆいしもやけのようなものができた場合、顔湿疹と判断したほうがいいそうです。
そこを気をつけなければ顔湿疹までも悪化させてしまうことがありますから、別々に治療しなければならないのが、顔湿疹とかゆいしもやけです。
そのほうがかゆいしもやけも早くに治すことができますし、顔湿疹の原因もはっきりとわかり適切な治療が受けられるはずです。
ところが、顔湿疹が出て、かゆがっている場合、顔にかゆいしもやけができてしまったのではないかと勘違いされやすいのです。
その場合は、やはり皮膚科で、かゆいしもやけなのか、顔湿疹なのかを調べていただいたほうが、早く対処できるようです。

2013年1月18日 (金)

かゆいしもやけの写真


写真で見ていると、その痛々しさに思わず、目をそむけたくなってしまいますが、きちんとした治療を行えば必ず治るのがかゆいしもやけです。
悪化しているかゆいしもやけになっている写真を見ると、とにかく早く皮膚科に通うことをおすすめしたくなってきてしまいます。
またかゆいしもやけの写真を観てみると、かなり肌がボロボロになってしまっている状態ですから、すぐにでも薬を塗ってあげたくなってきます。
決してかきこわしてはいけないとわかっているのに、ついかいてしまって、傷になってさらに腫れあがってしまっている状態の写真が多いのがかゆいしもやけです。

かゆいしもやけは血行不良と冷えで起こってしまう季節病ですから、秋から冬にかけての寒くて乾燥した環境の中では、手荒れも起こってしまうのかもしれません。
ですから、かゆいしもやけができてしまったばかりであるならば、根気よくマッサージを行い、冷えに気をつけ、保湿クリームなどを塗ってあげたくなります。
あまりにもひどくなってしまうと、マッサージでかゆいしもやけの部分のうっ血を解消するのは難しいようです。かゆいしもやけの写真をみると、痛々しく赤く腫れていて、いかにもかゆそうな印象を受けますが、実際のところはジンジンとしびれたようなかゆみなのだそうです。
またかゆいしもやけの写真を観ていると、赤くはれ上がっているだけではなく、かなり肌が荒れてしまっていることにも気が付きます。
こうしたかゆいしもやけの写真の共通点は、かなり肌のキメが粗くなってしまっていて、今にも傷ができてしまいそうです。

2013年1月17日 (木)

かゆいしもやけの薬


薬を塗って、かゆみを抑えながら、炎症を鎮め、飲み薬で体内の血行を促進していくと、かなり症状が緩和されていくのがかゆいしもやけです。
長い期間でかゆいしもやけを治して、できにくくしていきたいなら漢方薬で、もう我慢できないほど悪化しているなら皮膚科と考えてもよさそうですね。かゆいしもやけになってしまい、ほっておいたら、悪化してしまった場合は、薬のお世話になるしかないようです。
そのかゆいしもやけのための治療薬は、塗り薬の場合、炎症止めとかゆみ止め、血行を良くする薬が処方されるようです。

かゆいしもやけはできやすい方とできにくい方がいて、そのできやすい体質の方をできにくい体質に変えていくのだそうです。
かゆいしもやけを皮膚科で診察してもらい、薬を処方していただくと、飲み薬と塗り薬が一緒に処方されることが多いようです。
うまく皮膚科と漢方薬を使い分けて、次の秋から冬にかけてはできないようにしていくのもおすすめなのがかゆいしもやけです。
かゆいしもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めてどんな薬が使われているのかを調べてみましょう。
この漢方薬に頼ったかゆいしもやけの治療の場合、自分で判断せずに、やはり漢方薬の専門家に選んでいただいたほうがいいそうです。

かゆいしもやけを治していく場合、まずはどれくらい症状が悪化しているかや、自分の抱えているかゆみや痛みの度合いで判断したほうがよさそうです。

2013年1月16日 (水)

かゆいしもやけが足にできたときの対処法


また足のかゆいしもやけが傷みになってくると、歩くだけでもジンジンと痛みますから、かなり厄介です。
つまり足のかゆいしもやけは、冷えてしまったことと、血行不良で出来上がってしまうようなのです。
また靴下や靴で温められていることで、足のかゆいしもやけはさらに気になってしまい、かゆみや痛みでかなり歩いたりするのが困難になる場合もあるようです。
また雪の日などに足が急激に冷えてしまった上に、雪が靴の中にしみこんだ状態が続いてかゆいしもやけができてしまう場合もあります。
普通、子供に多い症状なのですが、大人になってからも冷えや血行不良で起きてしまうのがかゆいしもやけです。
また血行不良も悪化させたりすることが少なくありませんから、温めたり、マッサージで血行促進を行うのがおすすめなのが足のかゆいしもやけです。

かゆいしもやけを防いだり、悪化させないためには、まず冷やさないことが重要になっています。
足にできてしまったかゆいしもやけは人前では、かゆくてもかくことができませんから、できてしまうと辛いことになります。
足にかゆいしもやけができててしまった時の対処法を研究してみましょう。かゆいしもやけができて一番厄介な場所は、生活する上でよく使わなければならない手よりも足かもしれませんね。

2013年1月15日 (火)

かゆいしもやけの症状

かゆいしもやけの症状は軽ければ軽いほど、そのまま季節が終われば治ってしまうだろうと考えがちです。
ところがかゆいしもやけは寒さが厳しくなっていくにつれて、どんどん症状が悪化していってしまうものなのです。
すると硬い状態に腫れがこぶのような感じになってきてしまい、さまざまなことを行うのが苦痛になってくるのがかゆいしもやけです。
毎日の日常生活の中で生活に、痛さで支障をきたすようなかゆいしもやけにならないように、気をつけなければいけません。

かゆいしもやけはかゆさよりも痛みになっていき、ひどいかさぶたやただれが起こってきてしまうようになるのだそうです。
かゆいしもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、どのような症状があるのか詳しく調べてみましょう。
どのようにかゆいしもやけが悪化していくのかといえば、そのまま放置していると、腫れがさらに大きく膨らんでしまうのだそうです。
そのままほうっておくと、どんどん寒さとともに症状がひどくなっていってしまうのがかゆいしもやけなのです。
すでにかゆいしもやけの症状がかなり進んでしまい、かゆみよりも痛さが出てきてしまっている場合は早目に治療を行わなくてはなりません。
ただの季節病だと軽く考えずに、症状が出てきたら、対策をきちんととらなければ、どんどん悪化し、生活に支障をきたすのがかゆいしもやけです。

2013年1月14日 (月)

かゆいしもやけ対策


かゆいしもやけの対策になるのは体を冷やさないことと、マッサージをして血行をいつもスムーズにしてあげることでしょう。
ですからかゆいしもやけができてしまっても、かゆいしもやけを予防させるためには、体の温度を下げないような服装が必要になるようです。
また食事も、かゆいしもやけができている人も、予防したい人も体を温めてくれるしょうがなどの食材を積極的に摂るようにするといいようです。
かゆいしもやけの対策としては、体を冷やさないようにするだけではなく、血行を常にスムーズに流すことも重要です。

かゆいしもやけ対策には、マッサージを行ったり、軽い運動を行ったりして、血行が良くなるようにしなければなりません。

かゆいしもやけをなんとか予防したい、できてしまったかゆいしもやけを何とかしたいと考えている場合、最大の対策は体を冷やさないことです。
まず、かゆいしもやけ対策で一番重要になってくるのは、体を冷やさないように心掛けることのようです。
体が冷えてくると、かゆいしもやけができやすくなりますし、またさらに悪化してしまうのです。
特にかゆいしもやけはジンジンするようなかゆみや痛みと言った不快な症状が伴っていますから、秋から冬にかけて、対策はしなければなりませんね。
寒くなってきたと感じたのであれば、寒さを防止して体をつねに温めることをすれば、立派なかゆいしもやけ対策です。

2013年1月13日 (日)

かゆいしもやけの改善法


するとかゆいしもやけの辛い症状も軽くなっていきますし、仕事の気分転換にもなっておすすめです。
つまり、かゆいしもやけは血流が滞ってしまっていることから起こってしまうのですから、血流が活発になっていく運動が改善に効果的なようなのです。
またかゆいしもやけから悪化してあかぎれにならないように、保湿も心掛けたほうが、悪化が防げるのだそうです。

かゆいしもやけを改善するために重要なのは、血流を全身にまんべんなく回るようにしなければならないようです。
かゆいしもやけは血流が滞っている状態になっているわけなので、改善するためにはやはり血流を正常な状態にするのがいいようです。
そして水仕事を行う場合には、冷たい水がかゆいしもやけにかかって、さらに悪化させないために保護することも改善につながります。
寒いからと言って、閉じこもっているだけでは、かゆいしもやけの辛い症状は一向に改善されませんから、軽い運動を心がけましょう。
かゆいしもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集め、症状の改善方法について調べてみましょう。

かゆいしもやけができている場合、水仕事などを行う場合には、必ずゴムなどの手袋などをして、水がかゆいしもやけにつかないよう心掛けるのもいいそうです。かゆいしもやけの改善には、やはり血流を活発にしていくと、かなり症状が軽くなっていくようなのです。

2013年1月12日 (土)

かゆいしもやけの治療法

かゆいしもやけは季節病ですから、夏のうちからこまめにマッサージを行って、常に血流を良くしておくのもいいでしょう。
かゆいしもやけが悪化してしまうのは、やはり血行が滞っていることから、あの嫌なジンジンとした感覚になってしまうようなのです。

かゆいしもやけの治療法はまずできてしまったところを暖めながら、血流を促すマッサージが最適なのだそうです。
できてしまったから、もうこの寒い、乾燥した季節が終わるまで耐えるしかないということはなく、治療も可能なのがかゆいしもやけです。かゆいしもやけの治療法は実のところ、あまり一般的ではないようで、まだ症状が軽いうちであれば、暖めて、マッサージしておくとよくなっていくようです。
その場合はかゆいしもやけに効果的な塗り薬や血流がよくなっていくビタミン剤が処方されることが多いようなのです。
また、かゆいしもやけができてしまったのであれば、根気よくハンドクリームをつけてマッサージしてあげると血流が良くなり、症状が良くなっていく場合もあるようです。
皮膚科でかゆいしもやけの治療を行う場合の、治療法もやはりどの部分にできたとしても、血流をスムーズにする治療が多いようです。
かゆいしもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って、あれこれと治療法を探してみましょう。
治療法の詳しい方法を一番知っているのは、やはり皮膚科医ですから、もう硬くはれ上がっている状態になってしまったなら、通院をおすすめするのがかゆいしもやけです。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »